認知症についての豆知識

今日は、認知症についてお話したいと思います。

14年前に診療所を始めた頃は、まだ「老人性痴ほう症」という病名が一般的でした。しかし、「痴ほう」という言い方が良くないと言われるようになり、病名が「認知症」に改められました。

認知症は、老化によって発症しやすくなりますが、脳の病的変化によって起きるため、普通の「もの忘れ」とは区別する必要があります。「最近もの忘れがひどくて。私も認知症かしら?」などと言う方がいますが、体験の一部のみを忘れた場合は、普通の「もの忘れ」です。一方、体験したこと全体を忘れてしまう場合が認知症です。たとえば、朝ごはんに食べたものを正確に思い出せないのは「もの忘れ」、朝ごはんを食べたこと自体を忘れてしまうのが「認知症」という具合です。

正確に診断するには、診察の他に、頭部の画像検査が必要です。画像により、脳の委縮箇所や萎縮の程度が分かります。

専門的な話になりますが、認知症の診断基準には、アメリカ精神医学会作成の精神疾患診断統計マニュアル第4版(DSM-IV-TR)というものがあります。主な項目は次の通りです。

① 記憶障害がある。

② 失語、失効、失認、実行機能の障害が1つ以上ある。

③ 上記①・②の記憶障害・認知障害は、それぞれが社会的または職業的機能の著しい障害を引き起こし、病前の機能水準からの著しい低下を示す。

④ 上記①~③の障害は、せん妄の経過中に出現しているものではない。

専門用語が多いので、分かりにくいと思いますが、これを読む限り、傍から見ても「明らかに変だな」「今までと違うな」と感じるレベルです。

普通のもの忘れという場合も多いので、お年寄りがちょっと変なことを言ったからといって、「惚けたんじゃない?」とか「認知症なんじゃない?」などと安易に言わないであげてくださいね。

 

 

杉並区荻窪を中心に優しく丁寧な訪問診療を提供

近喰診療所
(〒167-0052 東京都杉並区南荻窪4-35-20-301)

社会福祉士
相談員 近喰真由子

【お問い合わせは以下より】

TEL: 03-3333-4771 FAX: 03-5336-7855

Email: konjikishinryojo@ybb.ne.jp

URL: https://konjiki-cl.com/

患者様・ご家族様はコチラより

お問い合わせ

医療・介護・その他事業者様はコチラより

事業者様向けお問い合わせ

初めての家族会

先月の男子会に続き、3月10日には、杉並会館にて初めての家族会を開きました。ご参加いただいた皆さんは、ご主人の介護をなさっている方、親御さんの介護をなさっている方、また親御さんのお看取りを経験なさった方など、立場は違いましたが、在宅介護の苦労話など、お互いに共感できる部分も多く、和やかで実りのある会となりました。

ご主人が63歳の時に脳梗塞で寝たきりとなり、それから10年以上在宅で介護なさっているKさんは、山あり谷ありの10年をにこやかに語っていました。Kさんのご主人は、当院の初期からの患者さんのため、私たちもKさんの頑張るお姿をずっと見て来ました。何度もご主人の状態が悪化し、危機的状況に陥りながらも、何とか乗り越えて現在に至ったのは、ご本人の生命力だけではなく、奥様の支えが大きいと思います。今では、誰よりもご主人の状態をご存知なので、診療をする上で頼りになる存在です。

98歳のお母様の介護をなさっているK´さんは、お母様が自分でトイレに行くなどあまり手がかからない一方、ガスをつけたままにしてしまったり、庭を勝手にいじったりするため、しょちゅう言い合いになると話してくださいました。すると、やはり親御さんの介護をなさっている男性が、「自分は、認知症がある親に言い返しても仕方がないと思って、いつも我慢してしまうので、言い合いにはならないなあ」と感慨深げにおっしゃっていました。

在宅介護は、基本は同じでも、オーダーメイドの部分が大きいと思います。その家にあったやり方、その患者さんに合わせた介護が求められるからです。家族会などで、他の家、他の人の介護について知ることは、視野を広げ、自身の介護を振り返る機会にもなると思います。何より、苦労が分かり合える人たちと話をすることで、元気を得られますよ。

次回はより多くの方がご参加くださいますように。