日本昔話とサルコペニア

幼いころは、おとぎ話や昔話を聞くのが楽しくて、「むかしむかしあるところに・・・」というフレーズを聞くと、わくわくしたものです。

ところで、日本の昔話には、「むかしむかしあるところに おじいさんとおばあさんが住んでいました」という書き出しで始まる物語がいくつもあります。桃太郎に舌きりすずめ、かちかち山、かぐや姫など、どのお話にも最初におじいさんとおばあさんが登場します。西洋の物語には、おじいさんとおばあさんがいきなり登場するお話は、ほとんどありません。しかも、どのお話でも、おじいさんとおばあさんは、貧しくて、ごちそうを食べているわけでもないのに、毎日肉体労働をしていながら、とても元気です。

桃太郎に出てくるおじいさんは山へ柴刈りに、おばあさんは川へ洗濯に行っていますし、舌きりすずめのおばあさんに至っては、大きいつづらを背負って歩いています。こぶとりじいさんは夜通し踊っていますし、花咲かじいさんは木に登っています。いずれも、ものすごい体力です。

絵本の中のおじいさんとおばあさんは、現代の80歳以上の感じで描かれていますが、良く考えると、昔話の設定が江戸時代よりもっと前だとすれば、その頃は多分寿命が50年くらいなので、おじいさんとおばあさんは、40代くらいだったのかもしれません。

実際、桃太郎は、当初おじいさんとおばあさんの間に生まれたこどもという設定だったと聞いたことがあります。

昔の日本では、人々は、米や芋・豆・野菜そして川魚などを食べ、日の出とともに起きて、一日中家事や畑仕事などの肉体労働をし、日が暮れれば寝る生活をしていました。おそらく骨粗鬆症などとは無縁の体だったことでしょう。手足には、筋肉もしっかりついていたに違いありません。当時は、体が生活するための道具だったのです。

しかし、現代は、文明が発達したおかげで、家電や機械が肉体にとって変わり、体は生活の道具としての機能を失くしていきました。その結果、寿命は延びたものの、骨粗鬆症のため骨折しやすくなったり、筋肉が衰えて歩行が困難になったりする高齢者が増えてしまいました。

筋肉量が減少し、筋力や歩行速度の低下が起きることを、「サルコペニア」と言います。サルコペニアの判定基準(AWGS)によれば、65歳以上の高齢者のうち、握力低下(男性26kg以下、女性18kg以下)または、歩行速度低下(0.8m/秒)があり、筋肉量の低下があれば、サルコペニアと判定されます。サルコペニアが進むと、転倒したり、歩行が困難になるなど、要介護状態になる危険性が高まります。

そうは言っても、自分で筋力の衰えを判定するのは難しいものです。でも、普段の生活の中で、例えば、今迄開けることのできたジャムの瓶のふたが開けられなくなったり、物を移動させようとして、しっかり掴んだつもりが滑り落ちてしまったり、マーケットまで歩いて10分で行けたのに、15分かかるようになったりすることで、筋力の衰えを実感することがあるのではないでしょうか?

多くの方は、「ピンピンコロリ」、つまり死ぬ瞬間まで元気に生活することを願っていますが、そのためには、日々の努力が必要です。神頼みだけでは、筋肉量は増えません。

偏食を避け、たんぱく質をしっかり摂って、適度に日を浴びて、適度に体を動かす(特に歩く)ことを毎日続けていれば、ピンピンコロリも夢ではないかもしれません。

私も、昔話の時代なら、とっくに死んでいる年齢です。皆さまに偉そうなことを言っている場合ではないですね。ピンピンコロリを目指して、しっかり実践して参りましょう。

 

杉並区荻窪を中心に優しく丁寧な訪問診療を提供

近喰診療所
(〒167-0052 東京都杉並区南荻窪4-35-20-301)

社会福祉士
相談員 近喰真由子

【お問い合わせは以下より】

TEL: 03-3333-4771 FAX: 03-5336-7855

Email: konjikishinryojo@ybb.ne.jp

URL: http://konjiki-cl.com/

患者様・ご家族様はコチラより

お問い合わせ

医療・介護・その他事業者様はコチラより

事業者様向けお問い合わせ

第2回家族会を開催しました

5月18日(土曜日)に第2回家族会を開催しました。

場所は、勉強会などですっかりお馴染となったウェルファーム杉並です。

今回は、出席を楽しみにしていたのに、患者さんが急に入院することになったり、留守番をしてくれる人が見付からなかったために、来られなくなった方がいらっしゃいました。前回の家族会で、友人と会う約束をしていても、患者さんの容態が悪くなったりしてキャンセルすることが多いので、予定を立てるのは難しいとおっしゃっていた方がいましたが、こうして現実を目の当たりにすると、日頃の皆様のご苦労が身にしみます。また、参加したくても、患者さんの重症度が高く、2~3時間もの間一人にしておけないという理由から来られない方もたくさんいらっしゃいます。どんな時でも、ご自身の都合より患者さんを優先する介護者のみなさんのお姿には、本当に頭が下がる思いです。

実は、多くの介護者の方が、ご自身も病を抱えています。今回の参加者の中には、骨折による腰痛に耐えながら、コルセットを巻いて介護をしているという方がいました。今迄にも、入院して手術をしたにも拘わらず、退院したその日から再びご家族の介護を始めた方を、何人も見て来ました。入院先の主治医からは、「この体で介護するなんて無茶だ」と言われながら、「それでも自分しか介護する人がいないから仕方ないよね。」と笑っていたMさんの顔を思い出すと、今でも切なくなります。ただ、ご自身の体調が悪くても、介護は待ったなしなので、我慢しながら生活しているうちに、取り返しがつかない状態になってしまうこともあります。どうぞご自身のお身体をくれぐれも大切にしてください。訪問診療の際にご相談いただければ、診察やアドバイスなど、出来る限りご協力させていただきます。

来る日も来る日も、病気のご家族の介護に追われる日々は、本当に大変だと思います。泣きたくなる日も、情けなくなる日も、逃げ出したくなる日もあることでしょう。私たちは、今迄に多くの方の涙を見、溢れ出る言葉を聞き、逃げ出したいと言う方に寄り添って来ましたが、それがさほどの助けになったとは思っていません。それは、私たちが介護をしている当事者ではないため、介護の苦労や苦しみを共有できないからです。

でも、介護をしている人同士なら、共通体験を通してお互いに分かり合える部分が多いですし、参考になる具体的な話を聞くこともできます。

家族会には、「介護者をひとりぼっちにしない」という主旨もあります。

ご自身の経験をおひとりずつ語っていただき、今困っていることや、将来に対する不安などを聴きながら、「悩んでいるのは自分だけじゃないんだ」という安心を感じた上で、他の人の経験談から得るもの、自分の経験から他の方に与えられるものを交換し合う場となることを目指しています。

また、今回は、特別企画として「もしバナゲーム」を体験していただきました。2月に開催されたACPの勉強会でも非常に好評で、今でもゲームの貸し出しが続いているほどです。

今回は、2つのグループに分かれて、自分の命が残り少なくなった時に大切にしたいこと、実現してほしいこと、しておきたいことなどが書かれたカードの中から、自分がもっとも大切だと思う3枚のカードを選んで、何故そのカードを選んだのかを最後に一人ずつ話してもらいました。最期は一人でいたくない、だから妻より先に死にたいという男性や最期は家族と一緒に過ごしたいという女性、最期までユーモアを忘れず笑っていたいから、痛みはとってほしいという女性など、それぞれの思いに耳を傾けながら、自分を振り返る良い機会となりました。普段、自分の死に方について具体的に考える機会は殆んどありませんが、このゲームでは、自分にとって大切なカードを次々に選んでいくため、気付かないうちに考えが深まっていきます。また、自分が選んだカードを見て、「私はこれを望んでいたんだ」ということを改めて知ることもできます。

ゲームの貸し出しは、常時行っておりますので、ご家族や職場で体験したいという方がいらっしゃいましたら、診療所へご連絡ください。

家族会にご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

 

杉並区荻窪を中心に優しく丁寧な訪問診療を提供

近喰診療所
(〒167-0052 東京都杉並区南荻窪4-35-20-301)

社会福祉士
相談員 近喰真由子

【お問い合わせは以下より】

TEL: 03-3333-4771 FAX: 03-5336-7855

Email: konjikishinryojo@ybb.ne.jp

URL: http://konjiki-cl.com/

患者様・ご家族様はコチラより

お問い合わせ

医療・介護・その他事業者様はコチラより

事業者様向けお問い合わせ

 

令和元年

風香る5月に改元となりました。

気持も新たに頑張りたいと思います。

とは言え、HとRを打ち間違えると大変な悲劇になってしまい、コンピューター相手に文句を言いながら、修正を重ねる日々です。

みなさま、令和も引き続きよろしくお願いいたします。