ごめんあそばせ

先生と二人で訪問診療をしていた時のことです。大通りに出てタクシーを拾おうとしていたら、犬を連れた中年の女性が通りかかりました。その犬が、何とも言えない気のよさそうな顔つきをしてこちらを見ているので、思わず小さく手を振ると、「あなた、小池百合子さんにそっくりね」と、犬の飼い主から突然声を掛けられました。さらに、「よく言われるでしょう?」と聞かれ、「いえ、そんなこと言われたのは初めてです」と答えると、「あら、そっくりよ。私、小池さんのファンなの」と、私の困惑などお構いなしに話を続けます。似ているとは言っても、マスクを掛けているため、殆ど目と髪型限定ですし、往来で人目もあり、ちょっと恥ずかしくなったので、「ずいぶんご機嫌なワンちゃんですね」とワンちゃんに話を振ると、「そうなの。いつもこんな感じ。私はいつも不機嫌だけど」と不思議な言葉を残して去って行きました。

そこへちょうどタクシーがやって来たので、乗り込んでほっとしたのもつかの間、タクシーの運転手さんが、唐突に「私、二年前まで防衛省に勤務しておりました」と言いました。(ん?どういうことかしら?何を言おうとしているのかしら?防衛省=運転技術が確かだという自慢?)などと、私の頭の中は?で一杯になり、どう話を継いでいって良いか分からぬまま、運転手さんのガタイが良かったので、取り敢えず「自衛隊ですか?」と尋ねると、妙に緊張した様子で、「はい。そうです」と答えました。その時、突然、私の頭の中に、防衛大臣だった頃自衛隊員を前にして話をしていた小池さんの姿が浮かびました。そういえば、謎の女性と別れたあと、ちょっと調子にのって、「今度誰かに『小池百合子です』と言ってみようかしら」などと先生に言いながらタクシーに乗り込んだことを思い出しました。あの「小池百合子です」というフレーズを耳にした運転手さんが勘違いしているに違いないと思いつき、「あの、私、小池百合子さんではありません」と言うと、案の定、「あ、そうですか。そっくりでいらしたもので」という答えが返ってきました。その途端、妙に張りつめていた車内の空気が緩んで、運転手さんの肩の力が抜けたように見えました。

それにしても、言葉で人に誤った先入観を与えてしまっただけでなく、誤解を解かなければ、何にもあずかり知らぬ小池さんにまでご迷惑をお掛けしてしまうところでした。

家族にその話をしたら、「そもそも小池さん本人が『小池百合子です』と言ってタクシーに乗って来るなんてありえないよね」と言われました。それもそうですが、他人が「小池百合子です」と言って乗って来ることは、もっとあり得ない気がします。家族にはこうも言われました。「大体良い年の大人は、そんな馬鹿なことはしないよね」

おっしゃる通りでございます。とにもかくにも、すべては私の不徳の致すところです。

みなさま、ごめんあそばせ。

 

杉並区荻窪を中心に優しく丁寧な訪問診療を提供

近喰診療所
(〒167-0052 東京都杉並区南荻窪4-35-20-301)

社会福祉士
相談員 近喰真由子

【お問い合わせは以下より】

TEL: 03-3333-4771 FAX: 03-5336-7855

Email: konjikishinryojo@ybb.ne.jp

URL: http://konjiki-cl.com/

患者様・ご家族様はコチラより

お問い合わせ

 

医療・介護・その他事業者様はコチラより

事業者様向けお問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA