春が来ました

春が来ました!

東京の西部に位置する杉並区は、海側に比べると気温が少し低いため、桜は開花宣言より少し遅れて咲き始めました。また先日は今年初めてウグイスの鳴き声を聴きました。荻窪は、庭のあるお宅や公園が多いので、自宅から診療所の行き帰りだけでも多くの種類の桜に出会えます。早咲きで、既に散ってしまったものもありますが、遅く咲く八重桜まで、当分の間、朝夕の通勤時に様々な桜を楽しめそうです。

 

春と言えば、卒業、入学、就職、引っ越しなど、出会いと別れの季節ですね。

私の小さな友人は今年幼稚園を卒園しました。世界中でただ一人、私を「まゆこちゃん」と呼んでくれる、えくぼのかわいい男の子です。年長さんになってからは、コロナのために幼稚園がお休みになったり、様々な行事が取りやめになったりしていると聞いて心を痛めていましたが、送られてきた卒園式の写真には、少し背も伸びて、すっかりお兄さんになった姿が写っていました。彼の人生はまだ始まったばかり。港を出港したばかりでいきなり「コロナ禍」という嵐に襲われてしまいましたが、行く手にはどこまでも広い海が広がっています。人生はまだまだこれからです。この嵐に耐えた経験は、きっと彼を強くしてくれることでしょう。

 

新しい人生に向かって一歩を踏み出そうとしている皆さまに、心からのエールを贈ります。

世の中が変われば、生き方も変えざるを得なくなります。高齢の患者さんの中には、身体が思うように動かなくなったり、物忘れがひどくなると、「以前はこんなこと簡単にできたのに」とか、「こんな体になってしまって」などと言って、今の自分を嘆く方がいますが、歳をとれば、多かれ少なかれ誰でも通る道です。現状を受け入れて、今の身体と折り合っていくしかないのです。ここまで頑張ってくれた身体をもっと愛おしんでほしいと思います。生き方も同様に、「こうでなきゃダメだ」と思い込んでいると、壁に当たって痛い思いをするだけです。逞しく、しなやかに生き抜きましょう!

 

今日、善福寺川で冬の間身を潜めていた亀が、岩の上で甲羅干しをしているのを見かけました。亀はいつも一人ぼっちですが、何にも依存せず生きることを教えてくれているようです。